華美を貧乏の反対と考えている人がいるけど、それは違う。華美とは下品さの反対なのです。
Some people think luxury is the opposite of poverty. It is not. It is the opposite of vulgarity. Coco Chanel

= 6 上界と下界を往復する意識 =

【美・善・真の正統性】

 

 私たちの自己意識が、心の争いを収め、統率力をさらに磨くために内界の奥へと旅に出た時、そのかなたで出会うのは美・善・真の輝きです。私たち人間は、美・善・真の素晴らしさを感じることなく、本当の生きる意味を見つけられはしません。 人を人たらしめるのは心の本質的な働きであり、その心の世界に存在する6つのマインド機能が美・善・真と深くつながっているからです。  

 

  元来、人類は意識的・無意識的に、美・善・真を探求してきました。美しい宇宙を眺め、美しい地球環境に適応しながら心のメカニズムが進化してきた故に、人間の自己意識は、美・善・真に正統性を置くことで、内界の君主として、6つのマインド機能を従わせられるようになります。

 

 この自己意識は、さまざまな経験を通じて「何が美しいことで、何が善いことで、何が真実か?」を悟ることで、個々のマインド機能を納得させられるような判断基準(内的基準)を構築し、結果として、自らの行動に関して「何をやるべきか?」の大義を得て重要な判断を下せるのです。

  

【価値観のクオリティー】

心の世界の構図
Composition of an inner world

 

 人間の自己意識が、美・善・真の価値を悟って、みずからの価値観や判断基準を構築する場合、実際どのようになされていくのでしょうか? 

 

 私たち人間の自己意識は、抽象的な上界レベル現実的な下界レベルとの2つの世界を行き来して活動しており、高き志を持つことと、日常の雑事に煩わされることは決して矛盾するものではありません。人の自己意識は自身の肉体が暮らす人間世界は無節操だと知りつつ格闘し、どのようにしてよりよい世界に変えていけるかを考え、信念と希望を持って活動しています。

 

 この自己意識は、上界にある純粋な価値を混沌とした現実の世界に下ろす取り組みの中で、美・善・真を探求し、心の統率力を強化しようとします。そして、「2つの世界のどちらに重きを置くのか?」を思案しながら、人の自己意識は自分らしい価値観(内的基準)を徐々に形成し、外界環境に適応していきます

 

 結果として、それぞれの人間が有する価値観のクオリティーは、「上界と下界の比率」によって決まることになります。たとえば、

 

【未熟な人間の意識】

上界10%ー下界90%

 

【良識ある人間の意識】

上界65%ー下界35% 

 

という具合です。このような価値観のクオリティーは、人間的な成長によって変化していくものとなるでしょう。

 

【上界に輝く価値】


理想社会の夢
We have always held to the hope, the belief, the conviction that there is a better life, a better world, beyond the horizon. - Franklin D. Roosevelt -

 

 ここでは、善の探求を例に挙げて、さらに具体的に説明してみましょう。まず、私たちの自己意識は、理想の生き方を思索しつつ、上界に視線を向けて、人々が希望するより良い世界(理想の世界)をイメージします。この時、故郷の伝統文化にある美しい芸術作品思想哲学などが重要な役割を果たします。

 

 意識を上界に向けた者は、限りなく広がる人々の夢や願いを寄せ集め、さまざまな価値観(正義・愛・自由・平等など)を見い出す中で、自分の性格や経験、生活事情に配慮し、自分にふさわしいと思う価値観を選択します。

 

 たとえば、「弱きを助け、強きをくじき、正々堂々と生きたい!」と願う青年が、自分の理念として「正義」を掲げる、という具合です。この場合、上界にある「善」という普遍の価値は、「正義」という形になって下界に織り込まれていくことになります。

 

【中間領域に生きる自己意識】

  

 正義を理想に掲げた青年は、社会にてさまざまなケースに対処する中で、迷い苦しみ、「正義とは何か?」と自問しつつ、上界にある「理想の世界」と下界にある「実践の世界」とを往復するようになります。なぜなら、

 

◆上界;抽象的な価値観は、具体性に欠けてわかりにくい。

 

 正義の意味を一般的にとらえすぎると、例外的なケースに対応できなくなる。そのため、正義の意味について、今に生きる人々はどのように考えて実際に行動をしているのかを、地に足のついた体験から確かめる必要性がある。⇒下界に向かう意識

 

◆下界;現実に直面する出来事には、さまざまな事情がある。

 

 現実の世界で、あまりに複雑で細かい個々の事情に入り込んでしまうと、状況が読めずに思考が停止してしまう。あるいは、直面するケースを超える問題の広がりを見逃してしまう。そのため、雑多な感情を切り捨て、より普遍的に「正義」の意味を考えてみる必要性がある。⇒上界に向かう意識

 

 このように彼の自己意識は、上界と下界を何度も往復しながら、正義を貫くための方法を試し、自分の能力や性格に合う戦術を模索し、「正義を貫くためにはどうすればよいか?」を学んでいきます。

 

 結果として、彼は今までに得られた教訓反省点を整理する中で正義という意味を悟り、自分なりの価値判断(善の内的基準)を固めていくでしょう。【第5巻】

 

【人格形成の試金石】

平和はいかなる正義にもまして貴重なものである。平和が正義のためにではなく、正義が平和のために作られているのだ。
Peace is more important than all justice; and peace was not made for the sake of justice, but justice for the sake of peace. Martin Luther

 

 善を探求する人間の自己意識は、揺れ動く心の世界を統制する一方、移り変わる世の中に適応する必要もあるので、必ずしも満足感が得られる結果になるとは限りません。

 

 千変万化の世界では思い通りにならないことも多く、理不尽な思いをすることも多々あります。正義を掲げて努力する青年も、不運が重なった時期は、深く苦悩する中で、自分の歩む人生について、「そもそもどのような意味を持つのか?」と自問する日もあるはずです。

 

・私は本当に何をしたいのだろうか?

・私は何者だろうか?

 

 と彼の自己意識が途方に暮れ、この世に自らが誕生した意味を意識的・無意識的に探し求める。そして、静かな場所で内省することで、6つのマインド機能との深い対話が始まります。 

   


【自分を悟る】

 

 内界のマインド機能の訴え(感情・印象・気分・ひらめきなど)を知るのは、自らの死生観を構築していく上で、一つの重要な要素であります。なぜなら私たちの自己意識は、個々のマインド機能の声を慎重に吟味することで、美の価値命の尊厳などを悟り、生きる上での覚悟も定められるようになるからです。 

 

【試練に立ち向かう】

 

 正しい道を歩む人間には、数多くの「試練」が待っています(正しい道⇒試練、誤った道⇒罰)。ごまかしの利かない生き方を貫き、多くの試練をクリアすることで、人間は自らを好意的に受け止めて瞳を輝かせ、優れた人格健全な感覚を獲得することができます

  

 正義を理想とした青年の自己意識は、外界適応と内界統制という2つの課題を抱えながら、上界と下界を何度も往復し、マインド機能と深く対話しながら、自らの価値観を固めていくでしょう。

 

Honesty is the best policy.
Honesty is the best policy.