= 13 邪への非常線を張る =

【健全な感覚に嫌悪する悪人たち】

 

 美・善・真の輝きを求めて道を歩む場合、悪人たちに巻き込まれないように注意する必要があります。 国家システムなどで不正を働く悪人等は、自分たちの言う価値観が絶対であるかのように振る舞い、偽善の皮を被って仲間を集め、善良な勢力をねじ伏せようとします。

 

 悪人たちは裕福な暮らしにあるとしても強い猜疑心を抱き、周りの人間たちの言動に神経をすり減らしているからです。また、魂を喪失した悪人たちの歪んだ感覚は、「自己実現」を目指そうとする健全な感覚を有する人間に対し、その輝かしい生き方(輝く瞳、生き生きとした姿、優れた創造力)に虫唾が走る思いも寄せています。

 

【子供たちが恐れる大人の世界】

  

 悪人らは自らの魂を売却した「自己喪失」の体験から、「人間として何を間違え、何を失ったのか?」を皮膚感覚のレベルで分かっています。その上で、どうにか輝く人間を巻き込み、陥れてやろうと考えて、醜い芸術・悪の哲学・偽の科学を次のように巧妙に進めています。

  

◆醜を美として表現:見かけ上、美しいと感じさせられるが、その狙いは生命を滅亡に導く。  

◆悪を善として演説:それ相応の道理があり善のようだが、その狙いは社会を大混乱に導く。 

◆偽を真として発表:捏造された実測値を正しいものと見せかけ、文明を破壊に導く。 

 

 「美の皮を被った醜、善の皮を被った悪、真の皮を被った偽」を見抜くのは容易ではありません。そのため、エスプリ画にて人間の心の世界を描き出したり、芸術にて言葉で言い表しにくい世界を感じ取る必要があります。

 


【未成年は堪え忍ぶ】

 

 まだ、社会を良く理解できない未成年者は、醜・悪・偽の力に直接に対峙しようとせず、とにかく自分を守ることに専念しましょう。自分の心が邪に染まってしまうと、感性や直感力が低下してしまうので、心に不調和を感じる時は、美しい自然を眺めたり、美しい曲を聴いたり、エスプリ画を描きながら、心の平和を取り戻すようにすることが大切です。 

 

 また、社会に出て自分の属する組織に悪人らしき人物がいる場合は、彼らの悪行に巻き込まれないように十分注意を払ってください。悪人が存在する社会組織の中で、純粋な心を表に出して正論を述べるのは、「私はあなたたちの敵だ」と宣言するようなものです。

 

 この価値観が混迷する時代、まず社会の至る所に仕掛けられた落とし穴を切り抜け、奴隷たちが築いた巨大な障壁を乗り越えることが最初の試練となります。

 

【権力悪の雰囲気】

 

 悪人たちから身を守ろうとする場合、美・醜の違いを見分ける感性を磨くことが大事です。美の皮を被った醜は、論理(知性)や道理(心性)ではほとんど見抜けないため、美意識(感性)による受信感度を磨くことが極めて重要になります。

 

 具体的に、魂の抜けた悪人たちの様子、その時の自身の心の様子などを感性的に表現してみると

 

【悪人の雰囲気】

・どす黒い目の笑顔、いやらしい心使い、強引な主張、悪趣味

・悪仲間の介入と威圧、権威づく語調、ちりばめられた心理的圧力、不明確さ

・声そのものが発する気持ち悪さ、不自然な説明、あいまい答弁

 

【自身の感受】

・内面から湧き上がる不快感、違和感、胸騒ぎ、腑に落ちなさ

・見ているだけで生じる嫌気、羞恥心、居心地悪さ

・全身で感じる警戒感、悪意、殺意

 

などです。自分の内面にネガティブな感覚を覚えた場合、注意深く、行動の判断を下すことが重要です。 

  

根づきたいという魂の欲求は、最も重要でありながら、最もないがしろにされている。
To be rooted is perhaps the most important and least recognized need of the human soul. Simone Weil