= 12 透明感ある表現の自由 =


【美の守護】

 

 美の輝きは、平和繁栄へ至るための唯一の道です。本来、宇宙の秩序に正統性をおいて人間社会を作るスタンスが文明の根底にありました。 そのようなコミュニティでは天体の動きが重視され、人々は社会は自然の恵みによって成り立つという思い、自然の美しさを尊重する感覚、そして、天然の資源を守る意志を抱いていました。 

 

 美しい自然に触れて自らの健康な肉体を大切にし、ありのままの心に向き合って美しい芸術を創作すると、古代人が備えていたような美意識がよみがえってきます。それは清々しい大自然の癒やしに感謝し、朝と夜に繰り返される美しい風景の中で感受する「持続可能」という素朴な感覚と言えるものです。 

 

【無常を悟る美感】

 

 日本に伝わる「美意識」は、閑寂の中に奥深さや豊かさを、また、枯れ草に趣を感じとったりします。長年の変化によって、自然物はさびれたり、枯れたり、ほころんだりしますが、それらの変化は自然の摂理に適ったもの。

 

 人類は自然の摂理に適った環境下で進化してきたので、私たちの感性は、自然の営みが織りなす、多様で独特な姿に美しさを感じることができます。たとえ秋に山草が枯れようとも、私たちの感性は、次の春には山草の芽が出て生い茂り、豊かな緑の恵みが引き続き人々にもたらされて、子孫の繁栄が保証されることを理解しているからです。

  

【心の世界に宿る自然】

 

 人間の美的感覚が、自らの心の世界をも自然なものと位置づけ、6つのマインド機能(直感、精神、思考、肉体、愛、思考)の働きを芸術的に描き出すことで、私たちの自己意識は、バランス感覚を身につけて、健全な判断ができるようになります。

 

 健全な判断を導くためには、バランス感覚がとても重要です。本来、人間の欲求は自然なものですが、一つのマインド機能の欲求ばかりが他のマインド機能に抑制されずに肥大していくと、醜いものを生み始めるからです。たとえば、

 

 ある女性の自己意識が、愛情機能を働かせて、純粋に夫を愛して献身することは、生命の繁栄につながり美しい行為と言えます。しかし、その女性の愛情機能が、後に夫が不倫したことに憤り、夫の愛する娘をあてつけに虐待をし始める。

 

 この時、この女性の直感機能や精神機能は、この虐待行為を止めるように訴えるはずです。しかし、女性の自己意識が愛情機能の怒りを抑えられず、娘を虐待し続ければ、生命の繁栄を脅かす醜い行為となってしまいます。

 

【美と醜の境界】


 

 いつの時代でも、人間の自己意識が一マインド機能に翻弄され始めると、多くの禍や悲劇を作り出します。人間の醜さには、一つのマインド機能の肥大化による欲望や感情が存在するものであり、その醜さの原因をつきつめていくと、時代の特性、民族の風習、社会制度の歪みなどが如実に表れるでしょう。

  

 よって、美しい芸術の表現を通じて、人間の内面の変化をよく観察しましょう。心の世界で生まれる美と醜の動きを察知し、その境目を見極めたいものです。

 

 現代人の心の世界を描き出し、欲望肥大の醜さを悟ることは、今の社会の問題点をあぶり出し、醜人たちの不正を抑制する力にもなり得るはずです。  

 

君の胸から出たものでなければ、人の胸をひきつけることは決してできない。
You'll never speak from heart to heart, unless it rises up from your heart's space. Goethe