他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。
I pay no attention whatever to anybody's praise or blame. I simply follow my own feelings. Mozart

= 14 所有する価値観の審判 =


【生きる意味】

 

 私たちがこの世に生きる意味というのは、けっして財物や肩書きでは言い表せません。

 

・自分はどのように家族を愛してきたのか? 

・幾多の試練にどのように立ち向かってきたのか? 

・どのような事柄に身を捧げてきたのか?  

 

という日々の活動に生きる意味があります。 

 

【みずみずしい自尊心】

 

 長い人生行路にて、私たちの自己意識は、必要なマインド機能を必要な時期に最大限に働かせつつ、最終的にはすべてのマインド機能を十分に躍動させる必要があります。たとえば、10代はスポーツと受験勉強、20代は仕事とボランティア、30代は家庭作りと子育て、40代は瞑想と健康作りに励み、50代は創作に挑戦したという具合です。

 

直感(瞑想・達観・飛躍など)

精神(ボランティア・救済・自己哲学など)

思考(勉強・受験・研究・教育など)

肉体(美容・スポーツ・創作など)

愛情(恋愛・結婚・子育てなど)

集団(友情・仕事・企画・起業など)

  

 私たちの自己意識が人生を浪費せず、すべてのマインド機能を十分に働かせて自らの統合力を実感することが重要であり、それら挑戦の結果に付属してくる成功や失敗の重要性は二の次です。

 

 人間である自分に備わる感性・心性・知性を十分に磨き、全人的統合感を持って生きることこそが、己の人生を生きたという証になるからです。 

 

【価値観の出所を見る】

 

 宇宙の調和(美・善・真)の中に地球の営みがあり、その地球で進化した人類の心は次のような本質的な価値を感じ取ります。たとえば、6つのマインド機能ごとに見ると、、

 

直感機能:純粋、調和、平常心、直感力、創造力、動物愛護

精神機能:善意、道理、平和、正義、志、反省、徳、品格、貢献

思考機能:好奇心、学習、理解、観察、根気、分析、発見、真理、教育

 

肉体機能:健康、清潔、感動、表現、勇気、挑戦、平等、忍耐

愛情機能:愛、育児、家事、優しさ、献身、安らぎ、成長、孝行

集団機能:責任、信用、忍耐、技術、改善、協力、向上

 

という具合です。

 

 このような本質的な価値を理解することは、さまざまな過ちの原因究明に役立ちます。大きな過ちには必ず原因があり、その原因を解決する方向へ向かえば物事は良くなっていきます。

 

 私たちは気づいた点を改善し、また失敗があればそこを修正してゆく。その一つ一つの積み上げが大事で、正しい方向へ向かっているという感覚を得ることができれば、目の前の困難がどんなに大きくても、私たちはそれを乗り越えられるはずです。

 

【痛み・願い・大志】

 

 感性豊かな人間は、率直に心の痛みを感じます。それ故、さまざまな挑戦を通じて、自らの力を振り絞っていると、自分にしか分からない胸に刻まれたかけがいのない思いや願い、美しい記憶、志、人生哲学などが生まれます。

 

 このような心の豊かさを得ることで、私たちの自己意識は、自らの存在価値を確かめ、自らの選択に対して責任をもつ自律的存在となり、人生の終わりの瞬間まで、生き生きとした気持ちを持ち続けることができます。

 

 これとは逆に、世俗まみれの価値観を信じてきた悪人らは、不正のなどによりを受けた時点で生きる足場を失い、死の間際では人生の基本的な前提が間違いだったことを認めざるをえないでしょう。

 

【美しさを表現する喜び】


 

 自らの心の世界を美しい芸術を通じて表出し、ITの力などを活用して人々に展示することも大切です。

 

 自らの生々しい体験を作品に描写すると中で、内なる情感・見解・思想などを表明し、それに対する相手の意見や評価を知ることで、自民族や他民族の属する世界について、より深い思索と配慮ができます。 

 

 このような創作を通じて自分の時間を有益に使い、「自分の作品を展示することで、わずかであっても世界が違うものになるよう人生を生きた」と感じることが、あなたの自己意識の存在に深い意味を与え、人生を生き抜いたという清々しい喜びにもなります。 

 

【心の調和から生まれる世界の調和】

 

 こうした芸術家たちが交流を進め、地球規模のテーマについて賛否それぞれの意見を表明する中で、真摯な話し合いを行い、それらの議論のプロセスを透明にする。

  

 この際、一人一人の芸術家は、確固たる信念を抱きつつも主観的になりすぎず、全人格的統合感を得た経験から学んだ「心の世界における6つのマインド機能の互恵的均衡とはいかなるものか?」「自己意識による統合とはいかなるものか?」に考慮して、世界全体の調和や世界政府の役割などを考えてみることが重要です。

 

 そうすれば、今の時代における「6タイプの国家による世界の在り方」がイメージとして浮かんでくるでしょう。そのイメージを通じて美しい芸術を発展させ、人々の大きな共鳴(人類の心)を育ててゆく努力をする。そうすることで、悪人たちが宣伝する醜い芸術も勢いを失なってくれます。