= 11 人類進化の現在地 =

【不正のライフサイクル】

 

 人類の歴史において、腐敗した国家という土壌に生じる戦争のは、どのように生まれてきたのでしょうか? 

 

 通常、国家の営みには「不正のライフサイクル」というものがあり、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4つの段階をたどります。

 

①導入期

 一部の権力者が不道徳心を抱き、不正を通じた利益誘導により私腹を肥やし始める

②成長期

 醜人は仲間を増やし、醜・悪・偽の癒着により、共同システムに関するルールの改悪が進む

③成熟期

 国家の潜在的醜人らに不正が行き渡り、共同システムが硬直化すると、経済が低迷する

④衰退期

 国家腐敗と経済低迷により、国民の不満が高まると、醜勢は国家システムの破壊を企む

  

 この衰退期になると、「戦争」「革命」、あるいは、類似の出来事が勃発して、現存する国家システムが破壊されます。そうすることで、一つのサイクルは終演を向かえ、新たな時代へと突入することになります。 

  

【分断と戦争vs団結と革命】

When power becomes dangerous, violence is showing. Hannah Arendt
暴力は権力が危うくなると現れてくる。

 

 国家の衰退期に起きる「戦争」「革命」かの分岐点は、美勢と醜勢の力関係次第となります。

 

 醜い勢力は、不満を抱く人々が団結するのを恐れ、人種差別・性差別・所得格差・地域紛争などを意図的に生み出して、国民の分断を図ろうとします。また、国家の衰退期では、醜い芸術を量産し、純粋な青年たちを巧妙に欺して、戦場に送り出し、この世から消し去ろうとします。

 

 一方、醜い勢力の企みに気づいた芸術家や哲学者などが、世の中の平和を取り戻すために美しい芸術や善い哲学を推進して、人々に訴えかけることがあります。国全体に閉塞感が漂い、先行きが不透明になるほど、民衆は自分たちの心がつながり合うことで、何か新しい世界を作れるのでは、と期待して集り始める。

 

 美しい勢力が、その時代に求められる新たな理念を生み出し、一本の旗を掲げて団結できれば、彼ら彼女らは理想国家樹立のために「革命」を仕掛け、新たな国家を樹立して、腐敗した権力者たちを厳罰に処するでしょう。 

  

【人間世界の実相を悟る】

 

 これらの戦いは、いくつもの歴史の転換点を作り上げてきました。それと同時に、次の副産物をも生み出しました。

 

・醜の勝利によって、醜勢は「大量破壊兵器」という道具を獲得した。

・美の勝利によって、美勢は「表現の自由」という権利を獲得した。

 

 腐敗した国家が「大量破壊兵器」を手にすることは、権力を手にした隣国の醜勢同士が核戦争を引き起こし、互いの国民を殺して自分たちの安泰を図る危険を生み出しました。そうならないにしても、一国の醜勢が、核テロなどを誘導し、直接自国の民衆に向けて破壊兵器を使用する可能性が残ります。

 

 一方、「表現の自由」という権利獲得により、世界の人々は様々に交流し、互いの心をつないで持続可能な地球を導く糸口を手に入れました。 人々はネットワークを通じてより広く大きく団結することで、各国に潜む醜勢に対抗することが可能になりました。 

 

【健全な感覚に嫌悪する醜人】

 

 醜い勢力は、国民の分断を巧妙に図る一方、善良な人間を巧妙に陥れようとします。善良な人間は、醜人たちの異常な心の世界を理解できないのに加え、彼らの演説や解説が紛らわしいために、欺されてしまう場合があるので注意が必要です。

 

 人間の本質的な価値は、彼らが軽々しく口にするような「英雄、栄光、成功」などとは縁遠いもの。醜い輩に欺され、「とてつもないチャンスが転げ込んできた!」と歓喜して、契約書に署名した時点で、もう致命傷を負わされているケースが大半なので、私たちは何が本質的に誤りかを的確に洞察する能力が求められます。

    

【醜い権勢の雰囲気】

 

 醜勢は、自分たちに都合の良い道理を巧妙に創り揚げるので、私たちは受信感度を鋭くすることが極めて重要です。たとえば、醜人たちの様子、彼らに接した時の自身の心の様子をここで表現してみましょう。

 

【醜人の雰囲気】

・どす黒い目の笑顔、いやらしい心使い、強引な主張、悪趣味

・醜い仲間の介入と威圧、権威づく語調、ちりばめられた心理的圧力

・声そのものが有する気持ち悪さ、不自然な説明、あいまいな答弁

 

【自身の感受】

・内面から湧き上がる不快感、違和感、胸騒ぎ、腑に落ちなさ

・見ているだけで生じる嫌気、羞恥心、居心地悪さ

・全身で感じる警戒感、悪意、殺意、冷汗

 

 自分の思考機能が気付かなくとも、直感機能は危険性を訴えています。よって、あなたの自己意識は、自身の心や肉体の状態を注意深く観察して、ネガティブな感覚に気付いた場合、欺されないように行動の選択をすることが重要です。 

  

【子供たちが恐れる大人の世界】

  

 醜人らは自らの魂を売却した「自己喪失」の体験から、「人間として何を間違え、何を失ったのか?」を皮膚感覚で分かっています。その上で、どうにか輝く人間を巻き込み、陥れてやろうと考えて、醜い芸術・悪の哲学・偽の科学を巧妙に進めています。

  

◆醜を美として表現:一見、美しいと感じさせられるが、その狙いは生命を滅亡に導く。  

◆悪を善として演説:それ相応の道理があり善のようだが、その狙いは社会を大混乱に導く。 

◆偽を真として発表:科学的な根拠を示して正しいようだが、それらは捏造された実測値であり、文明を破壊に導く。 

 

 見せかけの美・善・真を見抜くのは容易ではありません。よって、美しい芸術の創作を通じて、自らの感性を磨き、美しさの本質(生命の繁栄)を洞察する中で、美・醜の違いを見極めるようにしましょう。