やましい心には罪の告白が必要である。芸術作品とは告白なのだ。
A guilty conscience needs to confess. A work of art is a confession. Albert Camus

= 10 醜い芸術の量産時代 =

教育の危機は教育の危機ではなく、生命の危機なのだ。
The crisis of education is not a crisis of education, it is a crisis of life. Charles Péguy

【醜を美として容認する】

 

 20世紀の哲学者ミッシェル・フーコー(フランス)は、「自己への愛着こそが狂気の最初の徴表であり、人間が自己に愛着していればこそ、人間は過ちを真実として、嘘を現実として、暴力および醜さを正義および美として容認するのだ」と告げました。 

  

 彼の述べた「暴力および醜さを正義および美として容認する」とは、どのような意味でしょうか? ここでは、醜・悪・偽の性質から、考えていきます。 

 

【狂気に駆られたスキーム】

  

 歴史上、国家システムの中で、悪人たちが私腹を肥やし、貧しい民衆の不満が高まった場合、権力者が民衆の怒りの矛先を変えるため、隣国(他民族)を激しく批判して、外交紛争や戦争を引き起こすことがありました。

 

 豪邸に暮らす奴隷たちは、疑いの目を向けてくる善良な人々を見下しつつ、「国内の疲弊は隣国が原因だ」と主張し、あばら家に生まれた無垢な子供たちを戦場に送り出す準備を始めます。

 

●偽の奴隷:「破壊兵器を作って、金を儲けてやる」              【研究・製造】

       ⇒ 高額兵器の製造(勝っても負けても、金さえあれば逃げられる)

 

●悪の奴隷:「非常事態宣言をすれば、戦争体制を作り上げられる」          【行政・政治】

                        ⇒ 偏狭的馬鹿を使い、冷酷な独裁者・将校を育成(兵士らは殺して年金減らし

 

●醜の奴隷:「戦争に反対する国民は、邪魔なので排除してやる」        【報道・芸能】 

       ⇒ プロパガンダの推進と情報操作(反戦者に罪を着せ、悪者に仕立てる)

 

【美意識の大量破壊】

自己への愛着こそが狂気の最初の徴表であり、人間が自己に愛着していればこそ、人間は過ちを真実として、嘘を現実として、暴力および醜さを正義および美として容認するのだ
When love to oneself is the insane first sign table, and man makes the love oneself, man, a fault, a lie is approved as actuality and violence and ugliness are approved as the justice and beauty as the truth.

 

 邪悪な力の下僕たちはプロパガンダを通じて醜い芸術作品を量産し、戦場の暴力を「正義」、生命の破壊(醜)を「美」として英雄を創り出し、大々的に宣伝する。その印象操作と同時に、敵を憎むような報道を何度も何度も繰り返し、無垢な子供たちの愛国心を煽ります。 

 

 一方、敵となった隣国に潜む魂のない奴隷たちも、同じことを始めます。両国の奴隷たちは兵器製造の特需により私腹を最大限に肥やし、今までの鬱積を晴らすかのように欲念をエキサイトさせる。そして、「民衆の苦しみは隣国のせいだ!」と興奮した声で喧伝し、外交紛争を意図的に起こしたため、戦雲が垂れ込めます。

  

 ※プロパガンダとは、特定の思想によって個人や集団に影響を与え、その行動を意図した方向へ仕向けようとする宣伝活動の総称。 

 

【終曲;醜の実存化】

 

 両国の奴隷たちは、純粋な青年たちを集めて兵士に育て上げ、自社工場で兵器の生産を終えて、大金が手に入ると第3国に不動産を購入。敗戦した場合の逃走準備が整うと、非常事態宣言を発令し、国民の言論や集会、出版などの自由を一切制限してから戦争を始めます。

 

 その宣戦布告の日、奴隷たちは、「多くの爆撃を通じて、戦場にいる野生動物たちは死ぬだろう、そうなっても仕方がない」という未必の故意を抱くことで、「醜の意思」を明確にします。

 

 実際、戦闘が始まると、激戦の中、沿岸・草原・川・森・沼・山など、あらゆる環境の生態系が破壊され、数え切れないほどの野生動物たちの命が消滅してゆく。

  

【手の込んだ自殺命令】

Toxic Masculinity
Toxic Masculinity

 

 戦場において仲間がどんどんと減っていく絶望の中、兵士らは偏狭的な将校から、何度も何度も突撃を命じられる。命を危険にさらして死に恐怖するも、英雄にあこがれていた兵士らの自己意識は、勇気を示す以外の感情表現を知らず、戦況の悪化とともに、心が混乱し感覚が麻痺してきます。

 

 兵士らの自己意識は、力がすべての恐ろしい空間に入り込み、しばらくすると、そこには英雄がいない事実に気がつき、欺されたことを悟る。(映画のように、いつ何時も激しい戦火に飛び込んで、無傷な英雄などは存在しない)

  

 ある兵士は自暴自棄となってさらなる戦いに挑み、また、ある兵士は「醜の意思」を抱いて、戦場からどうにか逃げだし、やけになって美を汚そうと走り回ることになります。

  

【大義なき感覚の戦い】

 

 国家システムの中で、一部の悪人たちが私腹を肥やしたことが原因で、財産保護と証拠隠滅の動機が生まれる。そして、経済を悪化させた挙げ句、邪悪な力の下僕となって、醜い芸術を描いて善良な人々の美意識を破壊し、戦争を仕掛けて社会システムと地球生命の営みを破壊し、自らの破壊願望を満たす。

  

 これは、人間という種が生み出した「美と醜の戦い」の本質を示しています。これは、個人の心の世界における自己意識と我欲との戦いが、そのまま外界に反映されて大きな戦いとなったもの。その根本原因を突き詰めていけば、「心の世界を統率できない自己意識の弱さ、自己喪失、美意識の欠損」に辿り着きます。 

 

 当然、そこにまっとうな大義などはありません。 

 

【国家腐敗の本質を探る】

 

 民主主義国家では、「法の樹木」の害虫発生という形をとっているものの、美と醜との感性的な戦いの舞台は、国家の分業システム(生産・運搬・交換・消費・廃棄)そのものにあります。

 

 原始の時から人類は役割分担のある共同生活の中で、道徳心を養ってきました。しかし、その道徳心に欠けた悪人たちが「生産と分配」の仕組みに係わり、利益誘導によって私腹を肥やしていくためどのような国家体制(神権政治、君主政治、民主政治、共産党政治)にも腐敗は生まれ得ます。 

 

 これは人間の心性(哲学的)の働きを超えた問題を含んでおり、その心性を支えている感性(芸術的)の働きにより解決すべき次元の問題と言えるものです。

 

【不正のライフサイクル】

 

 誕生したばかりの国家は赤ん坊のように純粋無垢で調和を備えていますが、だんだんと欲が芽生え、醜・悪・偽の誘惑に負けてしまうと不調和が進み、経済が悪化してゆく。そこには不正のライフサイクルがあり、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4つの段階をたどります。

 

導入期; 醜・悪・偽が癒着し、不正を通じた利益誘導を始めて私腹を肥やす

成長期; 仲間を増やし、システムを改悪しながら、利益誘導の効率性を高める

成熟期; 国家の潜在的悪人たちに不正が行き渡り、システムが硬直化する。

衰退期; 国家の腐敗が極み、経済悪化により国民の不満が高まると、悪人たちはシステムの破壊を企む。

  

 この衰退期になると、「革命」か「戦争」が勃発して、国家システムが破壊されることで一つのサイクルは終演を向かえます。 

 

【戦争vs革命】

暴力は権力が危うくなると現れてくる。
When power becomes dangerous, violence is showing. Hannah Arendt

 

 邪悪な力に魂を売った悪人たちは、我欲を満たし続ける中で残忍で疑い深くなると、人々を恐怖で支配し、「戦争」を招くためなら手段も選ばない。一方、善良な人々が団結して腐敗した権力に立ち向かう「革命」は、人々のよりよい暮らしのため、子供の幸せのためです。

 

 衰退期における戦いは、いくつもの歴史の転換点を作り上げてきました。結果として、醜の勝利によって、瞳の黒い奴隷たちは「大量破壊兵器」を獲得する一方、美の勝利によって瞳の輝く人々は「表現の自由」を獲得するに至りました。