= 2 多面的視野による思索 =

【心の本質を自覚する】

 

 瞑想により自分自身を内観し、6つのマインド機能に向き合っていると、心の世界について、より多くの気づきを得られるようになります。自己意識が、マインド機能の訴えによく耳を傾け、それぞれの性格の違いを詳細に知ることで、現時点において未だなされていない事柄に注意が向かいます。

 

 たとえば、思考機能ばかりを働かせて合理的に物事(合理>愛)を判断していた頑固な大学教授が、愛情機能の訴えに耳を傾けてみる。そうすると、彼の愛情機能は自己意識に対し、「そもそも、なぜ家族を愛さねばならないか?」を説明する。

 

 その結果、彼の自己意識は愛の本質に気づく(愛>合理)ことで物事の見方に変化が生まれ、愛情を大切にして生きていこうとする新たな意欲、将来の夢、生き甲斐が生まれてくるようになります。彼の家族に対する態度は、厳格な姿勢から、真心のある優しさに変わることでしょう。  

  

【内界を見る枠組み】

注意深い観察眼
watchful eyes

 

 それは「内界を見る枠組み」が変わることを意味しており、自己意識がすべてのマインド機能の意見に真摯に耳を傾け始めると、人生観を成熟させることができます。その一方、自己意識は、より多くの意見をとりまとめる必要が生じるため、慣れないうちは感受的な不協和もより大きく体験することになります。

 

 たとえ、人間の自己意識が気づかないとしても、心の世界ある6つのマインド機能は、自己意識に対し、それぞれの役割を果たそうと訴えをしています。たとえば、

 

直感機能:美しい自然に触れて感性を整えたい

精神機能:生まれ育った故郷の伝統を大事にしたい

思考機能:最新の専門書を購入して勉強したい

肉体機能:美味しいものを食べたい

愛情機能:娘にプレゼントをしたい

集団機能:会社の業績を上げたい

 

という具合に、6つの機能は訴えると同時に、それぞれが「自分の訴えは正しい」と考えています。実際、すべての訴えは本質的な重要性を備えているため、自己意識はその場の状況に応じて、訴えを受理したり、却下したりして、外界に適応していくことになります。

 

【潜在力の開花】

 

 人間の自己意識は、内界の視野を広げてながら外界に適応していくほど、マインド機能の性格をより深く理解しつつ、整理統合力・哲学的思考力を養い、クオリティの高い意志決定力を獲得することができます。

 

 その一方、個々のマインド機能も活発に働くことで、今の時代に合わせて能力を進化させることになります。

 

 たとえば、愛情機能を例にすると、その本質的な役割は同じでも、原始・古代・中世・近代という時代を通じて、つまり、原始共産制・奴隷制・封建制・資本制という社会の生産様式の変化に応じて、愛情機能は愛の実現に悩み・苦しんできました。

 

 時代の流れに合わせる努力の中で、時には、ときめきや喜びを歌い、時には、死を覚悟して自己意識に強訴し、愛の形を整え、愛の寛容さを養ってきたのです。

 

 このようなマインド機能の性格を理解した上で、その能力を十分に活用し、さらに、自己意識の力も共に高めることができれば、心の世界に相乗効果が生まれ、肉体の中に眠っているさまざまな可能性を開花させることができます。

 


【エスプリアートの自由な活用】

独特の芸術家
An inimitable artist

 

 エスプリデッサンを通じて、心の世界における自己意識とマインド機能の関係、マインド機能の役割を理解できたなら、エスプリ画を描き出すことで、個人の人生において何ができるかを考えてみてください。たとえば、

 

・ベースエスプリ画を描いて、6つのマインド機能ごとに人生の目的を決めてみる。

 

・ルールエスプリ画を描いて、自分の価値体系を構築して、理想の実現を図る。

  

・サイドエスプリ画を描いて、ばらばらだった事柄に関係性や共通性を見つけて、一つの概念を創出する。

 

・アートエスプリ画を描いて、心の様子を形象化する。

 

・エスプリ画の基本形を描いて、興味のある事柄を6領域に分類して、その事柄に関する本質を洞察する。

 

 という具合に、エスプリデッサンを通じて、私たちは心を成長させ、自身の可能性を開花させながら、独自のライフスタイルを作ることができます

  


価値の確立
establish one's value