= 1 心のメカニズム =


【エスプリ画というアート】

 

 エスプリデッサンでは、美・善・真に関する理論を方法論の土台に設け、その上で人生の長い道を歩むためのテクニックを習得していきます。そのテクニックの柱になるのが、心の世界を描く「エスプリ画」になります。

 

 芸術学における作品の成立条件には、創作の表現方法・テーマ・モチーフの3つがあり、この観点でエスプリ画を説明すると、表現方法は「エスプリ画」、テーマは「自己意識の関心事」、そして、モチーフは「心の世界」になります。 

 

 元来、芸術作品は外世界に存在するものをモチーフ(人物・風景など)にして描かれるものが多いですが、エスプリ画は、主題(自己意識の関心事)に対する自らの心の状態や自己意識が生み出す概念などをモチーフにします。 

 

【不可視な世界の観察】


 

 エスプリ画をデッサンする際、 私たちは外界の動きばかりに注意を向けるのではなく、内界を丁寧に観察していきます。素直な態度で自身の心に向き合い、心の広々とした世界で何かが動いていると敏感に感じ取ってみる。

  

 それは不可視な空間において、いくつかのマインド機能が存在しているという感覚であり、また、特定のマインド機能が自己意識に何かを訴えてくるという感覚でもあります。外界環境の変化に応じて、内界の機能(マインド機能)がどのように反応して、何を訴えかけてくるかを把握すれば、心の構図(プリズムフレーム)を制作することができます 【第1巻:基礎編】  

  

【心のメカニズムを知る】

あなたは、すべてを手に入れられる。ただ、一度には手に入れられないだけ。
You can have it all. You just can't have it all at once.

 夜空に輝く無数の星々の美しさ、秋の草原に響き渡る虫の音色に魅了される私たちの心の世界は、如何なるものなのでしょうか? まずは、静かな部屋で瞑想に耽り、心の世界をじっくりと観察してプリズムフレームを制作してください。

 

□ 心の中心; 自己の意識がマインド機能を統制している 

□ 心の周辺; 直感・精神・思考・肉体・愛情・集団という6つのマインド機能がある

 

 という具合に、心のメカニズムが理解できるはずです。 

 

【エスプリ画の基本形】

エスプリの基本形
Basic form of the esprit

 

 私たちの心の構図を模写して、エスプリ画の基本形は作られています。

 

□ エスプリ画の中心(主題)   ; 心を統制する自己意識の関心

□ エスプリ画の周辺(キーワード); 主題に対する6つのマインド機能の働き  

 

 私たちはエスプリ画の主題を定め、多面的な視野で主題に関する個々の要素に向き合いつつ、それぞれの属性を識別して、6つのマインド機能に振り分けていきます。

 

【心を描く準備作り】

 

 心の世界は、自己意識の有する価値観、情報量、感情、あるいは、外界の状況によっていくらでも異なる姿を見せるので、エスプリ画を描く際、私たちは内界をどのように見るのか、その探鳥の立脚点となるものが必要となります。

 

 そのため、まずエスプリ画の「主題」を決めて、自己意識の立ち位置を定めます。加えて、プリズムフレームを用いて、心のメカニズム(6つのマインド機能)にマッチさせた描画(全体構図)に配慮することで内界の表現が可能になります。

  

無垢な時代
A time of innocence