= 8 外基準と内基準の宿縁 =

【外基準から内基準へ】

 

 通常、私たちは子供の頃、故郷の土地に共有された価値判断や法のルール(外的基準)に実直に従って育ちます。けれども、美・善・真の探求を通じて、自らの価値判断(内的基準)を強化する中で視野を広げていくと、社会的基準と自らの内的基準を対比する心理のあやが生じてきます。

 

 その時、自己意識は、内界と外界とを天秤に掛けて宇宙を観察する。自己意識は「社会の活動が本質的に正しく行われているのか?」を自らの美的感覚を通じて解釈しようと試みるからです。

 

【自己意識の解脱】

美・善・真
Beauty, goodness, and truth

 

 人間の自己意識は、修練を積んで進歩していくと、心の世界にある6つのマインド機能が、美(直感・肉体)、善(精神・愛情)、真(思考・集団)と深く関係して、芸術・哲学・科学の活動を促している事実を熟識できるようになります。

 

 さらに、自己意識が修練を積んで、個々のマインド機能を巧みに統率し、その上で、マインド機能が存在する次元を超越すると、「宇宙における個々の活動には何らかの関連性が存在しており、すべてのものは一つの調和の中で美しく輝く」と達観できる境地に至ります。それは、内界の働きと外界の働きとが同時に存在する空間全体に関する一つのヴィジョンが得られた境地、と言えます。  

 

【美の重みを感じる】

価値観の序列
Hierarchy of values

 

 私たちの自己意識が外界と内界とが同時に存在するヴィジョンを得ると、最優先すべき価値(美)を悟り、心の世界に体系的な秩序(美>善>真)を築けるようになります。

 

◆美:生命の繁栄 ⇒ 美しい芸術

◆善:世界の平和 ⇒ 善い哲学

◆真:文明の発達 ⇒ 真の科学

 

 それは自身の内面における感性・心性・知性の関係を整理することにつながります。

 

【内基準・外基準・共鳴】

 

 自己意識が雄大なビジョンを得て洞察力を高まってくると確かな感覚が得られ、自発的な行動を起こして物事を突き詰めて考えるようになると信念が固まり、心に浮かび上がるアイデアを具現化しようと挑戦し、そこから何が出てくるかを見極めながら前に進む。

  

 そうすることで、私たちは自分の力を最大限に引き出せるようになり、自己のスタイルもより明確になってきます。さらに、自身の創意工夫が世の中に生かせるようになると、人々の社会活動の整理(芸術>哲学>科学)も鮮明にイメージできるようになります。

 

 外界の現実は、私たち人間の働きかけによって、「そのような現実」になっているが故に、自らの生き様(美・善・真の内的基準)を確固とした人間の行動は、社会のルール(外的基準)や芸術・哲学・科学の活動を正しい方向へと導く力になります。【第7巻】 

 


人は、全世界の問題を解決するようには生まれていない。しかし、自分の限られた理解力のなかで、自分がやらなければいけないこと、そして、自制しなければいけないことは見出せるはずだ。
Man is not born to solve the problem of the universe, but to find out what he has to do; and to restrain himself within the limits of his comprehension. Goethe