= 3 第4の均衡力の必要性 =

【人類の内的進歩を促す】

 

 私たち人類は進化の途中にあり、人間社会のシステム(民主国家)も発展途上の段階にあります。10世紀の歴史を学んだ時、私たちは中世の人々が奴隷の身体を鎖で縛るという野蛮さに恐ろしさを感じますが、30世紀に生まれた子供たちは、今の時代の歴史を学んだ時、私たちの人間性をどのように評価するでしょうか? 

 

 私たち現代人は、外見的な野蛮さは抑制していても、他人の心を鎖で縛るような凶暴さを持っている可能性があります。 

 

 私たちは、現代の社会システムの中で働いている人々の人間性をよく見極め、「目の前でいったい何が起きているのか?」と注意を払ってみるべきです。そして、「今の国家のシステムは正常に機能しているか?」「地球の繁栄のために、人間社会をどのように発展させるべきか?」などと批判的な目を向けてみましょう。

 


【善と悪vs法と罪】

Evil  vs Crime
Evil vs Crime

 

 私たち人間は、同郷や同世代の人々が虐待やハラスメントされている姿を目撃すると、正義、愛、平等、幸福などの意味について深く考えるようになります。このような体験を通じて、人間は理想の世界を心に思い描くようになるため、私たちの理想は大なり小なり、「現実世界の改造」を想定している、と言えます。 

 

 そして、実際に、国家社会をより良くするために美・善・真の探求に取り組み、「美しさとは何か、善いことは何か、真実は何か?」を探し求めると、必然的に醜・悪・偽と向き合うことになるでしょう。

 


【法の樹木に発生した害虫】

 

 民主国家で暗躍する悪人たちの「行動の根拠」は法律の条文です。彼らは「他人にばれなければ何をやっても良い」と考えて策謀をめぐらし、法律のルール(外的基準)を自分たちに都合よく運用しようと手を回します。それでいて、内部告発により自分の不道徳行為が発覚すると、罪を逃れるための証拠隠滅に東奔西走

 

 立法・行政の枠内で「忖度」と称して、得意顔で立ち振る舞っていたにも拘わらず、自分の立場が不利になれば手のひらを返して、なりふり構わずに逃げ回る。彼らは一体何者でしょうか? 

 

 彼らは、道徳的な価値観(内的基準)も法のルール(外的基準)を尊重する精神も有しないまま、場当たり的な知見と裏情報、そして、身内びいきの権力に頼って活動しているにすぎません。

 

 彼らは、「法の樹木」に発生した害虫であり、樹木の葉から吸汁し、幹に穿孔する中で、健全な制度を破壊して、健やかな人々を苦しめる。そのまま放置すると、かつて、大いなる志を抱いた市民たちが、自らの命を捧げる覚悟と勇気を持って、数多くの血を流しながら育て上げた「法の樹木」は枯死に至ってしまいます。

 

【市民によるセーフガード】

 

 現今の民主国家の有り様を観察してみると、モンテスキューが唱えた三権分立によるチェック&バランスが正常に機能している、とは言いがたい状態にあります。よって、私たち市民は芸術の目を通じて、三権のあり方を監視し、国家の運用に関して、セーフガードとしての役割を担ってはどうでしょうか?

 

立法:国家の営みに統制をかける【ルール:国民の代表】

行政:ルールに従い運用システムを構築する【システム:官僚】

司法:人や組織の違反を罰する【ジャッジ:裁判官・陪審員】

芸術:ルール・システム・ジャッジ機能の逸脱をチェックする【セーフガード:芸術家】 

 

【真実の光と影】

 

 誤解のないように付け加えますと、ここでの監視とは、野党勢力のように、枝葉末節な部分を含めて国策や政見に反対するという事ではありません。このような取り組みは、野党が権力抑制や政策修正などを目的に行えばよい話です。

  

 ここで言う監視とは、芸術という純粋な目を通じて、社会の表面的な現象に内在している物事の本質や根源的な問題を突き止めよう、ということです。第三者の中立的な立場から社会の様子を観察し、大局的に国家の営みについて考えてみると、「法の樹木」に関する真相がよく把握できるはずです。

 

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。
The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes. Marcel Proust