【イメージキャラクター】

【OLD TREE】

 エスプリデッサンのイメージキャラクターは「老樹」です。厳しい自然環境の中で、老樹は力強くしたたかに成長し、樹幹を太くし、枝を伸ばし、大地に根をしっかりと張り巡らせます。そして、毎年、春になると、美しく鮮やかな花を咲かせてくれます。

 


【本質と現象】

 

  世界のさまざまな樹木を本質的に考察すると、そのメカニズム(光合成、水・養分の吸収など)は斉一的ですが、これらのメカニズムが「実際にどのように働いているのか?」という過程を観察すると、個々の樹木は自然環境(草原、湿地、砂漠など)に応じて千差万別の姿を見せてくれます。

 

 1本の巨大な老樹が、大自然に長年適応できたのは、自らに宿った本質的な働きに従うと同時に、その時々の環境変化に適切に対応してきたからです。  

 

 自らが根を張った場所でしか見えない世界があるからこそ、そこでしか起こり得ない自身の成長もあるため、巨大な老樹はとても個性的な姿をしています。  

 


本質の探究
Quest for quality

【ありのままに力強く】

 

 人間も、樹木のように自己の本質を知り、ありのままの自分を大切にした上で、周りの状況に個々に適応していくことが大切です。私たちは社会という樹林の中で、雑多な情報に取り囲まれ、その中から自分に役立つものを取捨選択して生きています。

  

 自分自身を深く知り、自分の価値基準を定めると大地に根がはえたように立ち位置が安定します。自己の基準が定まってはじめて定義される事柄もあるはずです。

 

 そうすれば、周りにある雑多な情報に惑わされず、自分に役立つことだけを見つけ出すことが可能になるでしょう。

 

自然のままに
Wildly