【イメージキャラクター】

【荘厳な巨樹】

 エスプリデッサンのイメージキャラクターは「巨樹」です。厳しい自然環境の中で、樹木は力強くしたたかに成長し、樹幹を太くし、枝を伸ばし、大地に根をしっかりと張り巡らせます。そして、毎年、春になると、美しく鮮やかな花を咲かせてくれる。

 


【本質と現象】

 

 地球のさまざまな樹木には本質的なメカニズムがあり、それらは斉一的(光合成、水・養分の吸収など)です。けれども、それらの本質的機能が「実際にどのように働いているのか?」という過程を観察すると、それぞれの樹木は自然環境(草原、湿地、山地など)に応じて千差万別の様相を見せ始めます。

 

 1本の巨樹が、大自然に長年適応できたのは、本質的な働きに従いつつも、その時々の環境変化に適切に対応してきたからです。自らが根を張った場所でしか起こりえない現象があり、そこでしか起こり得ない自身の成長もあるため、巨樹はとても個性的な姿になります。  

 


本質の探究
Quest for quality

【固いエッセンス】

 

 私たちは社会という樹林の中で、それぞれ与えられた環境に適応して生きていますが、自然の樹木のように自己の本質を知り、ありのままの自分を大切にすることが第一です。

 

 人間の本質は、心の6つのマインド機能(直感、精神、思考、肉体、愛情、集団)に強く現れるので、まずは、他人と同じ心的機能を備えている自分自身を知りましょう。その上で、他人とは異なる自己の置かれた立場(民族、地域、家庭、性別など)に応じて、自らの成長を促すのです。

  

【柔らかな自己意識】

自然のままに
Wildly

 

 自分に降りかかる現象(出来事)はとても個性的であるため、それに立ち向かう場合、みんなと同じ意見を持つことはできません。本当にあなたが表現したいことや、やりたいこと、やらねばならないことは他人とは異なるはずです。

 

 それでいて、孤独になるのが怖いと考えて、なにも表現をせず沈黙ばかりしていると、自分の人生を生きている気がしないのではないでしょうか?

 

 あなたの自己意識は、自分に降りかかる固有の出来事を表現する中で、自分が世の中に対して何をどう感じているかを確認し、消化することで、心を整理することができます。また、自分はどんな美しさが好きなのか、受け入れられないものは何なのかを明らかにすることで、自身の価値観や評価尺度を構築することができます。 

 

【美の本質を求める】

  

 とても辛い現実の中において、人間の本質を追求することは芸術家に必要な能力であり、そうした作品が人々の感動を呼び起します。

 

 素晴らしい作品を創作しようとする際、あなたは自分の心に耳を傾けて動くしかありません。その上で、他者の心を揺り動かすような美しい表現に心がければ心がけるほど、あなたの自己意識は上界に向かい、限りなく広がる人々の夢や願いを寄せ集めることになるでしょう。

 

 下界の中で、複雑で細かい個々の事情に入り込んでしまうのではなく、雑多な感情を切り捨て、より普遍的に「美しさ」の意味を考えてみることで、現実を乗り越えて、自らの可能性を高めることができます。

 

【呪縛からの解放】

 

 あなたの立場は独特であり、芸術の創作という行為も孤独ですが、美しい自然を愛する自己意識、世の中の不義を正すような自己意識、率直で聡明な自己意識は、決して孤独ではありません。

 

 あなたの自己意識は、すばらしい作品を創作し、それらを展示して人々の共感を呼ぶことで、信頼評判を獲得し、他者との関係性を高めることで、運と縁を呼び込めるようになります。 

 

【芸術の輝きは生きる姿勢の問題】

 

 美しい芸術を創作する場合、作品の善し悪しだけではなく、あなたの創作への取り組み方、ものごとの考え方、関係者との付き合い方、生活の仕方、そうしたものすべてが、あなたの評判に係わってきます。そして、それらが適切であればあるほど、あなたの運は近づいてくるでしょう。 

 

 美しい作品の創作を通じて、より多くの人々の夢や願いを寄せ集めながら、正しい道を歩み、上界の高みに登ることができたなら、遠くを眺めてください。そうすれば、あなたの憂いは消えてなくなります。