= 9 分業社会の無防備さ =

 

 高度に分業化された社会では、「法の樹木」という巨大な統制システムの中で、日々の行政活動や民間活動が営まれています。社会の中では、誰もが一つの専門分野に属しており、その一方で、生活における多くの部分を他分野の専門家たちに委ねて暮らしています。  

 

 国家の実体運営(生産・運搬・交換・消費・廃棄)において、法のルールが、すべての業務に関する規定を事細かく設定できるものではなく、余白となる部分もあります。

 

 つまり、実体社会は「それぞれの専門家が適切に自己の責任を全うしてくれるだろう」という人々の道徳的な期待によって、余白部分を埋めながら営まれているのです。 

 

【社会システムの脆弱性】

地球全体の管理
Manage the whole earth

 

 高度な社会システム内で、私たち社会人は「信用」と「責任」を大切にしつつ、最新の科学技術に順応しながら仕事を進めています。一方、科学の力がより大きくなったので、一人の専門家の行為が及ぼす社会全体への影響力も高まり、その結果、個々の専門家の極めて強い倫理観(内的基準)も求められるようになりました。 

 

 私たち社会人は、専門の知識・技術を習得し、ただ与えられた業務を遂行すれば良いという訳ではなく、今まで以上に人間的な成長を追求し、美・善・真の内的基準を構築して、国家の運営を支えねばならないのです

  

悪(不正・不道徳)を非難しない者は、 そうすれと命じているのだ。
悪(不正・不道徳)を非難しない者は、 そうすれと命じているのだ。

【科学の脅威と危険性の増大】


The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.
The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.

  

  人類史上、「法の樹木」に巣くう害虫たちの危険度は、かつてないほどに増しています。現代の立法や行政機関にいる悪人たちを見れば分かるように、自分の立場が不利になれば、「記憶にない」、「書類は破棄した」、「病気になった」と逃げ回る手段ばかりを巧妙化させ、煙のように消えてしまうからです。

 

 この無責任な害虫の習性は昔から変わらないとしても、科学技術が進歩し人類の現実脅威になった今、彼らの危険性は相対的に高まっています。

 

 悪人たちは昔ながらの不正感覚で科学技術にも関与し、危うい施設を建設しているものの、強い倫理観を持たず、かつ姑息で無責任なため、高度科学施設のシステムが暴走して国家崩壊の重大危機に陥った局面で、市民に嘘を告げて逃げてしまう危険性があります。

   


【美醜の対比が価値の原点】

I pay no attention whatever to anybody's praise or blame. I simply follow my own feelings.
I pay no attention whatever to anybody's praise or blame. I simply follow my own feelings.

 

 地球の美しい環境が取り返しの付かない事態になる前に、私たちは悪人たちの不正行為を阻止すべきであり、そのためには、私たち自身の美意識と見識力を養って、国家のシステムに内在する危険性を鋭く見抜かねばなりません。

 

 そのためにも、美しい芸術の創作を通じて、地球の姿や社会の営みをありのままに観察し、自らの肉体に眠る魂を呼び覚まして美醜を表現してください。

 

 一方、完成した作品を展示して世の中へ問題提起し、人々の率直な反応を確かめてみることも大切です。

 

 優れたアート作品は、美醜を鮮明に表現する中で、鑑賞者たちの魂を揺さぶり、美の本当の価値や人間の生きる意味を教示します。人々の自己意識は、美の素晴らしさに感動して涙を流すことで、美を敬愛し、善を励行し、真実を重んじ、地球上の生命を繁栄に導くようになります。

 

愛に触れると誰でも詩人になる。
At the touch of love, everyone becomes a poet. Plato