自然でない行いは、自然でない混乱を生む。
The conduct which isn’t natural bears the confusion which isn’t natural. William Shakespeare

= 10 三つの大義務 =

【独善的な合理性の恐怖】

 

 私たち人間の知性は真偽を判断するのみであり、「人を騙せば金儲けができる」という事実を”真”と判断すれば、そう行動しようとする。だからこそ、私たちは芸術を通じて美意識を養い、かつ法の精神を有して専門家たちの不適格性を見抜かねばなりません。

 

 感性の鈍い人間はお金に目がくらみますが、お金は「経済的な価値の尺度」を示すだけのもの。一方、感性を磨いたアーティストは「内的な価値の尺度」を有するので、お金で示される価値が絶対にはなりません。

 

【害虫の心に宿る菌を研究する】

  

 不純な心を抱き不正を働く人間ほど厄介であり、恐ろしい存在はないという真実を私たちは理解すべきです。その本当の恐ろしさは、不正行為そのものよりも、悪人たちが不正を隠蔽しようと周りを巻き込みながら延々と続ける愚策・妄断・偽報から進行する社会システムの劣化と醜・悪・偽の探求の広がりです。 

 

 それでいて、学術界における人間社会の研究は、権力者や企業の不正行為やその悪影響を解明する努力を怠ったまま、経済低迷に関する原因と結果の因果関係を説明しようとするが故に力強さに欠けます。権力者に融合し、都合の良いことばかりを唱える御用学者(真の皮を被った偽)すらおります。

 

 これでは、中世期、疫病や感染症の原因が分からなかったために治療ができず、大流行する中で途方に暮れた医者たちと何ら変わりはありません。 

 

【国家の証拠書類を守る】

 

 私たちは美・善・真の探求を通じて、「法の樹木」に寄生する悪人たちの実態に関心を払うべきです。それは困難を極めるものでしょうが、害虫の生態を正しく理解して不正の原理を解き明かすことは、害虫汚染の程度を予測できるだけでなく、国家の品質を測るうえでも重要です。

 

 国家衰退の過程で起き得る危害を分析し、検証するためには、立法・行政・司法組織の活動を記録することの大切さを再認識し、証拠書類として適切に保管させねばなりません。

 

 3権分立による国家の運営実態を学術的に研究する一方で、国家側の悪人と民間側の悪人の係わりを追求し、さらに、経済動向と国民の生活にも関心を払い、「健全なルール制度により平等で自由な暮らしが保証されているか」をチェックする。

 

 この学習と分析の結果は、法律学・政治学・会計学・経済学・経営学に極めて大きなインパクトを与えるものとなるでしょう。

 

【3タイプの大義務とは】

私は、自分に日々起きた出来事によって創られた存在ではない。私は、自分自身の意志で選択して築きあげられたものである。
I am not what happened to me, I am what I choose to become. Carl Gustav Jung

 

 社会に暮らす中で 美・善・真の探求を進め、心のメカニズムが正常(調和)に働かせることで、私たちは何が異常(不調和)なのかを理解できるようになります。

 

 心の世界を統率する自己意識には、強い意志の力もあり、的確な判断力もあります。この意志の力を用いて、私たちは自分の人生を方向づけることができますが、良きにつけ悪しきにつけ、自分で行った選択には、必ず何らかの結果や責任が伴うため、行動の意味は慎重に考えてみる必要があります。

  

 ここでは、私たちの自己意識が行う選択には、どのような義務を伴うか、美・善・真の観点から大きな志を抱きつつ、よく考えてみましょう。

 

◆美:生命を繁栄に導く大義務

 人々の高貴な美意識が、「美しい芸術」を発展させる中で、人々の道徳観が養われる。

 

◆善:世界を平和に導く大義務  

 人々の豊かな道徳観が、「善い哲学」を発展させる中で、法の精神が作られる。

 

◆真:文明を発展させる大義務

  人々の抱く純粋な法の精神が、「真の科学」を発展させる中で、専門家の倫理観を確かなものにする。

 

【普遍妥当な輝きを悟る】


 

 通常、私たちが学校の教室で教えられる国民の自由や義務は、あくまで法律のルールが保障する内容を示しているだけです。よって、もし私たちが海外に移住して国籍を変えれば、法律が保証する自由の範囲や内容も変わることになります。 

 

 一方、国家が定める法的義務とは別の次元にて、私たち人間は先天的ともいえる大義務も負っております。この天与の義務は、私たちの美意識が感じ取る普遍妥当なものであり、美しいもの(景色、姿、行為など)の魅力を感性的・直感的に評価します。

  

【表現の自由と主権在民】

内なる自分を見つめると、実は望んでいるものをちゃんと所有していることがわかる。
If we go down into ourselves, we find that we possess exactly what we desire. Simone Weil

 

 人間の美意識は、地球の姿や人々の行為が美しいことを願い、生命を繁栄に導くために、人間社会のあり方を評価し、正そうとします。この高貴な美意識の願いを叶えるためにも、私たちは表現の自由を通じて、国家の営みをチェックし、「法の権威、行政の公正さ、生活環境の安全」を自分たちの手で守っていかねばなりません。

 

 人々の奥ゆかしい美意識に支えられた豊かな良識によって国を治める。それが本当の意味で、憲法が掲げる主権在民と言えるものではないでしょうか?