自然でない行いは、自然でない混乱を生む。
The conduct which isn’t natural bears the confusion which isn’t natural. William Shakespeare

= 10 三つの大義務 =

【害虫の心に宿る菌を研究する】

  

 不純な心を抱き不正を働く人間ほど厄介であり、恐ろしい存在はないという真実を私たちは理解すべきです。その本当の恐ろしさは、不正行為そのものよりも、彼らが不正を隠蔽しようと周りを巻き込みながら延々と続ける愚策・妄断・偽報から進行する社会システムの劣化と醜・悪・偽の探求の広がりです。 

 

 悪人たちは群れをなして不正を行い、誰一人として責任を取ろうとしない極めて危険な社会体制を作り上げてしまう。だからこそ、国家は科学施設や研究施設の重大事故などにも対処できなくなります。

 

 それでいて、学術界における政治経済の研究は、権力者や企業の不正行為やその悪影響を解明する努力を怠ったまま、経済低迷に関する原因と結果の因果関係を説明しようとするが故に力強さに欠けます。権力者に融合し、都合の良いことばかりを唱える御用学者(真のふりをした偽)すらおります。

 

 これでは、中世期、疫病や感染症が大流行しても、その原因が分からず、治療ができずに途方に暮れた医者たちと何ら変わりはありません。 

 

【国家の証拠書類を守る】

 

 私たちは、「法の樹木」に寄生する汚職人らの実態、経済動向、国民の生活に関心を払って芸術的な表現を試み、「健全なルール制度により平等で自由な暮らしが保証されているか?」について確かめてみるべきです。

 

 民主的な投票により、私たち国民が政治家を選出して強い権限を与える以上、その後の活動が正しく行われているかをチェックする必要があります。選挙の公約によって選ばれた以上、多数派になった政治家たちが何をやってもかまわないという訳ではありません。

 

 私たち国民は、国会での燐として分かりやすい議論を望んでおり、汚職を隠すために嘘の答弁をする政治家や公文書の改竄を進める官僚を決して望んではいません。

 

 この点、現国家の運営を適正にチェックするためには、行政記録を厳正な保管が不可欠であり、公文書の管理を徹底させ、情報公開を適切に行わせることが重要にもなります。 

 

【3タイプの大義務】

私は、自分に日々起きた出来事によって創られた存在ではない。私は、自分自身の意志で選択して築きあげられたものである。
I am not what happened to me, I am what I choose to become. Carl Gustav Jung

 

 現代社会を芸術的に表現し、自らの心のメカニズムを正常(調和)に働かせることで、私たちは物事の何が異常(不調和)なのかを感じ取れる様になります。その心の調和に内在する美・善・真の価値について考察し、それらの価値から生まれる人間の3つの大義務について考えてみましょう。

 

◆美:生命を繁栄に導く大義務

 人々の高貴な美意識が、「美しい芸術」を発展させる中で、人々の道徳観が養われる。

 

◆善:世界を平和に導く大義務  

 人々の豊かな道徳観が、「善い哲学」を発展させる中で、法の精神が作られる。

 

◆真:文明を発展させる大義務

  人々の抱く純粋な法の精神が、「真の科学」を発展させる中で、専門家の倫理観を確かなものにする。

 

【普遍妥当な輝きを悟る】


 

 この3つの大義務は、私たちの美意識が主導する普遍妥当なものであり、私たちの感性は美しいもの(景色、姿、行為など)の魅力を直感的に評価します。私たちの肉体に宿る魂は、美意識を通じて、私たちの自己意識にその願いを訴えています。人間の自己意識が星々の輝きに触れると涙するのは、それが「本当に美しい」からです。

 

 一方、人間の知性は真偽を判断するのみであり、「人を騙せば金儲けができる」という事実を”真”と判断すれば、そう行動しようとする。しかも、その知性はまだ進化の途中にあり、当然に万全ではなく、視野が狭く欠陥だらけのものです。

 

  計算高い知性を有する人間は、お金に目がくらむものですがお金は「経済的な価値の尺度」を示すだけのもの。一方、洗練された感性を有するアーティストは、「内的な価値の尺度」を有するのでお金で示される価値が絶対にはなりません。  

 

【主権在民の役割】

内なる自分を見つめると、実は望んでいるものをちゃんと所有していることがわかる。
If we go down into ourselves, we find that we possess exactly what we desire. Simone Weil

  

 私たちの美意識は、地球の姿や人々の行為が美しいことを願い、地球上のすべての生命を繁栄に導くために、人間社会のあり方を正そうとします。この美意識による「芸術的な表現」を通じて、国家の営みをチェックし、法の権威、行政の公正さ、生活環境の安全を自分たちの手で守っていかねばなりません。

 

 人々の洗練した芸術表現が善い哲学を導き、善い哲学による正しい道理が科学の健全な発展を支える。人々の奥ゆかしい美意識が原点となって道義ある議論を進める中、良質な政治家を選んで国を治める。それが本当の意味で、国家の憲法が掲げる主権在民と言えるものではないでしょうか?