= 3 ヒューマニティマインドによる創造=

【自分の心と人類の心】

 

 20世紀の哲学者サルトル(フランス)は、外界の現実は私たちの働きかけによって、「そのような現実」になっている。外界の現実というのは私の一部であり、切って離すことはできないが故に、自分の行動の責任はすべて自分自身に跳ね返ってくる、と告げた。 

 

 責任云々という論点は別にして、外側の社会は、実際に人間が創り上げたものなので、私たちの暮らす街の営みには、「私自身の考えや行為」が多少なりにも影響を与えているのは事実です。

 

 また、内的に考えてみると、「自分」と「外界」の関係は、「自分の心の世界」と「自分を含む人間の心が作り上げた世界」(人類の心)の関係と言い直すこともできます。つまり、自分の心が人類の心に働きかけをする一方、人類の心も自分の心に働きかけを行っています。

 

【芸術家の心の役割】

 

 世界中の人々が集う「人類の心」への働きかけを考えた場合、美しい芸術がとても重要な役割を果たします。美しい芸術は生命を繁栄に導く性格にあり、美を表現する芸術家は、意識的・無意識的に地球の平和につながる「普遍的な価値」を創作し、人々に「大切なものは何か?」を提示するからです。

 

 美しい芸術を通じて、より多くの人々が一つのテーマ作品を鑑賞し、各民族の歴史を超えて共鳴することで、世界の民主的なコントロールが可能になります。

  

【6マインド機能の具象】

 

 優れた芸術が人々の共鳴を導く一方、鑑賞者らはそれぞれの視点により、とらえ方も変化しているという事実にも注意を向けてください。鑑賞者が、どのマインド機能を重視しているかによって、物事の見方は変わります。

  

 たとえば、私たちの街にあるおしゃれな「カフェ」を一つの作品として観察し、「カフェにとって大切なものは何か?」をマインド機能ごとに考えてみましょう。

 

◆直感機能;店の雰囲気作りを創造

◆精神機能;静かで快適な環境の追求

◆思考機能;建築と火災防止の知恵

◆肉体機能;美味しい飲料の選択

◆愛情機能;男女愛の尊重

◆集団機能;集団マナーの保持 

 

という具合に、観察者が「どのマインド機能を働かせているのか?」により、カフェ自体のとらえ方も異なってきます。 

 

【思索領域と変化する価値観】

ルールエスプリ画のサンプル
ルールエスプリ画のサンプル

 

 私たちは自分の立ち位置や責任などを考えることで、「何が一番大切なのか?」という価値観も変化させています。よって、自身の価値観の偏りを防止し、より広い視野で活動するため、ルールエスプリ画を制作し、6つのマインド機能ごとに理想の価値観を定めてあなた独自の価値序列を創りましょう。【第5巻】 

 

 ルールエスプリ画は、単に内界における価値序列を示すだけではなく、あなたが物事の本質や道理をより広い視野で眺めるようになることで、6つのマインド機能の意義や互いの関連性を総花的に理解できるようになるでしょう。

 

【視野拡大による価値観の変化】

 

 人間は視点を変えるだけではなく、イメージの拡大によっても、物事の価値判断を変えることができます。

 

 たとえば、札幌に暮らす人間が自己のイメージを広げて、自分自身を札幌市民から、北海道民、日本人、アジア人、人類という具合に捉え直すことで価値観の質は変わります。その者の役割や責任が、家族の一員、地域の住人、国民の一人、人類の一人などと変化することで変ってくるからです。 

 

 人はそれぞれの立場や責任によって、価値判断を異にする。だからこそ、エスプリデッサンでは、より普遍的な価値観(美・善・真)を最も重要視して、民族の違いや歴史の溝を越える努力をていきます。

 

【自己意識の抽象度を変える】

  

 エスプリデッサンでは、意識の抽象化というテクニックを用いて、イメージ領域の変化をより意識的に行います。たとえば、ある日本人のイメージを広げると、本人(個人レベル)・日本人(国家レベル)・世界人(世界レベル)という具合に自己を規定し直すことことができます。

 

 この場合、人間の心の基本構図がそのまま広がったと考えてみてください。 

 

□心の中心:自己意識

 

□心の周辺:6つのマインド機能(直感・精神・思考・肉体・愛情・集団)

  

【イメージレベルに応じた観察】

 

 たとえば、私たちの自己意識を個人レベルから国レベルにまで抽象化した場合、「日本国民の心が、国家機関をどのように作り上げているのか?」と心の構図から考えてみることができます。

 

 先ほどカフェを観察したように6つのマインド機能ごとに国家機関の役割を考えてみみましょう 。人間が作り上げたものには、人間の心の世界が反映されているので、

 

●自己意識;内閣

 

◆直感機能;特許庁、環境省

◆精神機能;外務省、法務省

◆思考機能;文部科学省、財務省

◆肉体機能;農林水産省、警察省、防衛省

◆愛情機能;厚生労働省  (労働部分は集団)

◆集団機能;経済産業省、国土交通省  

 

 という具合に、6つのマインド機能の役割に準じながら、国の仕組みを考えてみることができます。

 

【本質の逸脱チェックと題材】

 

 その上で、各機関の活動実態が適切なのかを見極めてみましょう。たとえば、財務省には本質的に真をすべきという思考機能の役割があるため、財務官僚は、そのために思考機能を働かせなければなりません。

 

 にもかかわらず、国会の答弁などの場で彼らが「偽」を告げる、あるいは、真実を曖昧にすれば、その官僚は自身の役割を本質的に誤解している、と判断できます。

 

 このように、心の世界にある6つのマインド機能の役割を考慮する中で、現実の社会がどのように働いているかを分析してみると、世の中の実態をより本質的に検証できるようになります。

 

 その上で、「現実の問題をどのように改善すべきか?」をより掘り下げて考えてみると、あなたの心の世界に芸術作品のテーマが浮かび上がってくるでしょう。