= 3 ヒューマニティマインドの創造=

【自分の心と人類の心】

 

 20世紀の哲学者サルトル(フランス)は、外界の現実は私たちの働きかけによって、「そのような現実」になっている。外界の現実というのは私の一部であり、切って離すことはできないが故に、自分の行動の責任はすべて自分自身に跳ね返ってくる、と告げた。 

 

 責任云々という論点は別にして、外側の社会は、実際に人間が創り上げたものなので、私たちの暮らす街の営みには、「私自身の考えや行為」が多少なりにも影響を与えているのは事実です。

 

 また、内的に考えてみると、「自分」と「外界」の関係は、「自分の心の世界」と「自分を含む人間の心が作り上げた世界」(人類の心)の関係と言い直すこともできます。つまり、自分の心が人類の心に働きかけをする一方、人類の心も自分の心に働きかけを行っています。

 

【芸術家の心の役割】

 

 世界中の人々が集う「人類の心」への働きかけを考えた場合、美しい芸術がとても重要な役割を果たします。美しい芸術は生命を繁栄に導く性格にあり、美を表現する芸術家は、意識的・無意識的に地球の平和につながる「普遍的な価値」を創作し、人々に「大切なものは何か?」を提示してくれるからです。

 

 優れた芸術作品を通じて、より多くの人々が思いを寄せ合い、各民族の歴史を超えて共鳴することで、世界の民主的なコントロールが可能になります。

  

【6マインド機能の具象】

 

 優れた芸術が人々の共鳴を導く一方、鑑賞者らはそれぞれに視点を変えることで、とらえ方も変化させているという事実にも注意を向けてください。鑑賞者がどのような立場にあり、どのマインド機能を重視するかによって、物事の見方は変わるものです。

  

 たとえば、芸術作品ではないですが、私たちの街にある「カフェ」を観察して、「カフェにとって大切なものは何か?」をマインド機能ごとに考えてみましょう。

 

◆直感機能;店の雰囲気作りを創造

◆精神機能;静かで快適な環境の追求

◆思考機能;建築と火災防止の知恵

◆肉体機能;美味しい飲料の選択

◆愛情機能;男女愛

◆集団機能;集団のマナー   

 

という具合に、その設計者、経営者、利用者などが「どのマインド機能を働かせているのか?」により、カフェのとらえ方は異なります。 

 

【思索領域と変化する価値観】

ルールエスプリ画のサンプル
ルールエスプリ画のサンプル

 

 私たちは自分の立ち位置や責任などを考えることで、「何が一番大切なのか?」という価値観も変化させています。よって、自身の価値観の偏りを防止し、より広い視野で活動するため、ルールエスプリ画を用いて、6つのマインド機能ごとに理想の価値観を定めて価値序列を創りましょう。【第5巻】 

 

 あなたは物事の本質や道理をより広い視野で眺め、多面的に活動することになるため、ルールエスプリ画は、単に内界における価値序列を示すだけではなく、外界世界や社会状況などを総花的に示唆するものにもなるでしょう。

 

【視野拡大による価値観の変化】

 

 人間は視点を変えるだけではなく、イメージの拡大によっても、物事の価値判断を変えることがあります。

 

 たとえば、札幌に暮らす人間が自己のイメージを広げて、自分自身を札幌市民から、北海道民、日本人、アジア人、人類という具合に捉え直すことで価値観の質は変わります。その者のあるべき姿が、家族の一員、地域の住人、国民の一人、人類の一人などと変化することで、自身の役割や責任も変化するからです。 

 

 人々はそれぞれの立場や責任によって、価値判断を異にする。だからこそ、エスプリデッサンでは、民族や歴史を越えたより普遍的な価値観(美・善・真)を大切にし、世界中の心を寄せ集めて「人類の心」の形成する努力をしていきます。

 

【自己意識の抽象度を変える】

  

 エスプリデッサンでは、意識の抽象化というテクニックを用いて、イメージ領域の変化をより意識的に行います。たとえば、ある日本人のイメージを広げると、本人(個人レベル)・日本人(国家レベル)・世界人(世界レベル)という具合に自己を規定し直すことことができます。

 

 この場合、人間の心の基本構図がそのまま広がったと考えてみてください。 

 

□心の中心:自己意識

 

□心の周辺:6つのマインド機能(直感・精神・思考・肉体・愛情・集団)

  

【イメージレベルに応じた観察】

 

 たとえば、私たちの自己意識を個人レベルから国レベルにまで抽象化した場合、「日本国民の心が、国家機関をどのように作り上げているのか?」と心の構図から考えてみましょう。そうすると、

 

●自己意識;内閣

 

◆直感機能;特許庁、環境省

◆精神機能;外務省、法務省

◆思考機能;文部科学省、財務省

◆肉体機能;農林水産省、警察省、防衛省

◆愛情機能;厚生労働省  (労働部分は集団)

◆集団機能;経済産業省、国土交通省  

 

 という具合に、6つのマインド機能の役割に準じて、国家機関の役割を考えてみることができます。 

 

【本質の逸脱チェックと題材】

 

 その上で、各機関の活動実態が適切なのかを見極めてみましょう。たとえば、財務省には思考機能の役割があり、真の探求を推進すべき組織であるため、そこに属する官僚は、当然に思考機能を正しく働かせるべき存在です。

 

 にもかかわらず、もし財務官僚が国会の答弁で「偽」を告げる、あるいは、真実を曖昧にすれば、その官僚は自身の役割を本質的に誤解している、と判断できます。

 

 このようにイメージレベルを変える中で、6つのマインド機能の役割を考慮し、実際にどのように働いているかに注意を向けると、世の中の実態を検証できるようになります。その上で、これらの問題をどのように改善すべきかを考えてみることで、芸術作品のテーマや題材を探ることができます。

 


【芸術による世界統一】


 

 意識の抽象化に慣れたなら、世界に暮らす人々が集まって作り上げるだろう「人類の心」をイメージし、その世界を感じ取ってみてください。それと平行して、美しい芸術の創作に取り組み、インターネットなどを通じて世界の人々に自身の作品を展示し、人間として「大切なものは何か?」を自分なりに提示してみましょう。

 

 自らの芸術作品の展示を通じて、鑑賞者の反応を確かめ、また、幅広く交流することで、「今、世界の人々は、何を大切にしているのか?」を理解し、思いを寄せ合うことができます。

 

 その中で、私たちが共に生命の繁栄世界の共存を考え、世界政府の構築やルール作りのための具体的な方策を考えてみることで、人類の心はだんだんんと鮮明になってくるはずです