= 4 イメージ設計の切り札 =

【激動期に求められるイメージ設計】

 

 人間の自己意識はイメージ力を備えるからこそ、実世界に生きるセルフイメージを形成してさまざまな活動を展開できます。安定した時代であれば、私たち人間は自然発生的なイメージに従い、習慣的に暮らすことが多いでしょう。

 

 しかしながら、もし自由にイメージすることを単なる娯楽として無駄なイメージばかりを思い浮かべていれば、それは時間の無駄遣いです。 イメージは実践的な行動を生み出す力でありますが、それが現状に対応している保障はどこにもないからです。 

 

 また、 激動の時代になると、世の中の先行きがより不透明になるため、私たちはイメージ力を高めて自分のビジョンをより鮮明にする必要があります。その際に重要になるのが、有用な形で情報・知識・言葉の再編成を行うことと、納得しながらイメージを形成することです。

 


【主題と統合イメージ】


  

 エスプリデッサンでは、まず、人生の6つの目的(自己意識の関心)を設定します。次に、一つの目的ごとに一枚のエスプリ画を制作して、最も必要とするイメージをより効果的に設計していきます。

 

 人生の目的をエスプリ画の主題にすると同時に、その主題に関する専門書を読み、幅広い情報などもネットで収集しながら、さまざまなキーワードを抽出して、6つのマインド機能に振り分ける。  

 

【自分らしい概念の創出】

円形パズル
Circular puzzle

 

 自分で選び出した個々のキーワードについて、「これはどのマインド機能に属するか?」といった着意を持って試行錯誤しながら振り分けることで、主題に対して無意識的に設定している、自分のおおまかな構想が自覚できるようになります。

  

 その微かな自覚の中で、全体と部分の関係性に配慮しつつ、これまで無関係であった点と点とを積極的に結びつけていくと、やがて、すべての情報(キーワード)が相互に関連した統合イメージ・新たな概念が生まれてきます。  

 

【デッサンの期間】

 

 主題の性質にもよりますが、一枚の付属的なエスプリ画をデッサンする期間は3年から5年程度が目安です。現実感覚を大切にしてエスプリ画(心の世界)を描き、そこから生まれた将来のストーリーを信じて実際の活動を始める。

  

 各マインド機能に設定した目標と課題取り組む過程で、出会いや与えられた機会を大切にし、今の自分に可能な限り、目の前の物事に精一杯に取り組むこと。その日々の努力の中で、自身の将来像をイメージし、何のための勉励・修練なのかを理解することにより、進むべき道がより鮮明になってきます。

 

【イメージの洗練】

 

 自らの体験を通じて得られた反省点や教訓、あるいは直感的な気づきやアイディアを素材として、エスプリ画に手を加えますエスプリアートの制作者にとって、専門的な知識や技術に習熟することが最終ゴールではありません。

 

 自らの人生をアートする芸術家として、エスプリ画から生まれるセルフイメージを活かしながら、自分の道を切り拓き、望んだイメージの現実化(自己実現)を目指します。

 

 とても時間のかかる取り組みですが、エスプリ画を丹精込めて描き上げつつ、自身のイメージを丁寧に育てていくる習慣をつけることが大切になります。 

 


【チャレンジの結晶】

概念芸術
conceptual art

 

 あなたの自己意識が願い、創作し、挑戦してきたこと。それらすべての知恵と感情と体験が一つの結晶に変わったものがエスプリアートです。長い月日をかけて、自らの経験と情熱を総動員して描き出したアートは、とても個人的なものであり、たとえ周りの人が評価しなくても、あなたにとっては、かけがえのない大切な作品となるはずです。

  

 一方、イメージ設計という行為は、もやもやした心に明確な方向性を与えていくもの。自己意識のイメージ力が高まり、未来をより鮮明に思い描くことで考える力や実行力も生まれます。このようなイメージ設計を通じた芸術体験は、設計のスキルアップだけではなく、イメージに対する考え方やイメージという概念そのものの発展につながるでしょう。

 

 さらに、あなたの自己意識がイメージの設計力を養うことで、マインド機能への説得力にも磨きがかかことは言うまでもありません。

 

行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。
Imagination means nothing without doing. -Charlie Chaplin-